天国大魔境(2)

天国大魔境(2)
石黒正数

まだまだ先の見えない第2巻。

ただちょっとずつ見えてきたものもあるかな。

学園内の方はわざと小出しにしてるんだろうけど、そこから大分見えてきたような気がする。

ただ学園外の方とどうお話が繋がってくるのかは全然分からないな。

Amazonのレビューにもあったが、この絵柄と内容が全然あってないような気はする。

作者の漫画はそれほどたくさんではないが読んだ事もあるし、「外天楼」あたりもそれなりに面白かったのだが、ここまで行くとちょっと引いてしまう(笑)

「それ町」の石黒正数とは全然別のところを見せているので、読む人は要注意。

しかしこの漫画、「この漫画がすごい」一位だったんだな。

驚いたと同時に、こりゃあプレッシャーだなと思った。

先の先まで作者は考えているだろうが、一位の漫画となると下手な着地の仕方では終われないだろう。

ジョジョリオン 20

ジョジョリオン 20
荒木飛呂彦

いつも通り淡々と話が進む。

なんというかそろそろ本筋を進めないと拙いんじゃないか。

大体もう誰が死んでて誰が生き残っているのかすらよくわからなくなっている。

さすがに「Steel Ball Run」でもそこまで酷くはなかったように思うが。

新しく入ってこようとする人は今アニメやってる第5部か、第3部ぐらいが導入としては最適だと思う。

今やってるからと言ってこれから入るとジョジョが嫌いになる(笑)。

今のところ駄作中の駄作だがジョジョなんで続けさせてもらってる作品。

呪術廻戦 4

呪術廻戦 4
芥見 下々

なんかここでショッキングなことがあって虎杖が成長するらしかったのだが、読んでて今ひとつわかりづらかった。

勿論凄惨な事件があって、順平も酷い死に方をする。

それはそうなんだが、正直これまでこの世界ではあれぐらいの悲惨さは皆なれているものと思っていたから、結構変なところにスイッチ入っちゃったなあ、と思いながら読んでしまった。

どうもその辺、少年ジャンプだと言うことを忘れてしまいそうになる。

例えば進撃の巨人では人ががんがん死んでいくし、そういう物語だから次誰が死ぬかわからないのだが、まあ読者は納得する。

ところがこの漫画は進撃の巨人より全然絵が上手いし、全然タッチもそういう残酷さになれてそうなんだが、その「どこまでなら書くのか」という作家の決めたラインが俺の想像していたラインより随分下に引かれていたみたいだ。

作品の内容はAmazonなりなんなりで見てもらえば非常に高い評価を受けているので、この巻に関しては俺のそのラインの引き方が間違っていたんだと思う。

風都探偵 (5)

風都探偵 (5)
佐藤まさき

風都探偵も5巻目。

どうにも漫画家さんのタッチが合ってないような気はするが、話は三条さんが書いてるから大丈夫なんだろう。

今回もハッピーエンドで終わるし、この話はどう締めるつもりなのかな。

やはりWらしく最後は正太郎は一人になって終わりなんだろうか。

とにかく次回はビギンズ・ナイトらしいので、その次の回が早く読みたい。

蒼き鋼のアルペジオ 17

蒼き鋼のアルペジオ 17
Ark Performance

もう17巻なのか。

連載ぼちぼち10周年で、フィギュアやらなにやら出すみたいだが、この漫画がどこに行き着くのかが判らない(笑)

いや絵は迫力あるし、女の子好きな人も綺麗に描けてて良いんだろうけど、出てきすぎだ(笑)

でもまあこれはこれでちゃんと需要と供給があるんだろうし、これで良いんだろうな。

なので話は進んでるのかどうかもよく判りません。

次巻では学園祭があるみたいですが、ここへ来て学園祭?

HUNTERxHUNTER15

HUNTERxHUNTER15
冨樫義博

引き続きHUNTERxHUNTER。

今の絵と比べるとやはり稚拙な感じがするのは思い込みかな。

でもこの頃は今と比べてまだ出版の間は短いんだよね。

一年かかって一冊はやっぱり少ないよなあ。