美女と竹林

美女と竹林
森見登美彦

これは森見先生の相当熱心なファン以外は手にとってはいけない。

一言で言えばゴミ(笑)

要するに小説宝石の連載をまとめたものなのだが、内容は薄い(笑)

色々と作家生活の中で賞をもらったり対談をしたり、出来事が起こって、それを面白おかしく書いていくのだが、面白いには面白いが、あんまり人には勧めたくないし、自分としてもなんだか時間を無駄に使った気になる。

アマゾンの書評に「できない仕事は断ろう」とあって思わず笑ったが、まさにそういう本だ。

多分作家もこれを商品とするのに気まずいものがあると思うので、皆見かけてもそっとしておこう。

夜行

夜行
森見登美彦

不思議な話。

俺の中では恩田陸に近いと思ったが、恩田さんも作品によって違うので、あまり当てにはならないと思う。

ただ森見さんが恩田さんより決定的に読者に甘いのは、この不思議な話をほったらかしにしてしまわずに、何となく飲み込める話にしてしまうところだと思う。

これを甘いと捉えるか、読者に親切と捉えるかで随分作品の重さが変わってくる。

森見さんは読者に親切な作家で、そこも含めて人気なのだからまあ構わない。

ただもう少し読者を突き放した作品でも面白かったかな、とは思った。

各挿話がおどろおどろしいものばかりだったのでそう感じたのかも知れない。

全体的にどうもかみ合わない印象があった。

ホラーっぽいところが多かったり、最後はファンタジーっぽく閉めてみたり。

作品として実験的であまり高い評価はできないのかな。

太陽の塔

太陽の塔
森見登美彦

森見さんの処女作。

やはり最初の作品だけあっていろんなものが詰め込んである。

終わり方も森見さん印。

ただ余韻が残る。

ちょっとそこが他の本と違っているかな。