ストライク・ザ・ブラッド19 

ストライク・ザ・ブラッド19
終わらない夜の宴
三雲岳斗

何も変わらん。

なんというか変化を求めない読者とそれを忖度した作者の生ぬるい世界が今回も続いている。

それ自体はかまわないんだけどね。

19巻より後も敵がどんどん強くなってそれに立ち向かうべく味方が増えて強くなって、それで終わるというお話。

なんか書いてて悪印象持ちそうだから言っておくが、俺は別にこの作品嫌いではない。

それどころか全作買って読んでるぐらいだ。

ラノベだけにそういう枠組みを作ってしまったので、その中で作品を回しているだけなのだろう。

でももうそろそろ終わりが見えてきたかな?