碆霊の如き祀るもの

碆霊の如き祀るもの
三津田信三

なんか今イチかな。

このシリーズ、俺は「首無の如き祟るもの」が大好きなんだけど、そのせいでハードル上げすぎってのはあると思う。

ただ今回なんか謎がさらっと解かれて後に残るのもなんかなあ、って出来だった。

どちらかというとホラー優先だったのかな。

ドラゴン桜2 4

ドラゴン桜2 4
三田紀房

ドラゴン桜2。

別に異論があるわけでもないが、しかしどうしても英会話の延長線上にあるのかなと思うね。

英文法は便利なもので、習得すればあっという間に英語なんかは理解出来る。

そりゃあもともと簡単だからな、英語って。

日本人が難しく思い込んでるだけで、英文法って凄く簡単だから。

ただぶつぶつ言うのはアリだな。

俺英語得意になったのって明らかに洋楽のおかげだが、朝から晩まで洋楽聞き倒してたからな。

勿論サビは歌う、一緒にぶつぶつと(笑)

おかげで随分助かった。

受験的な意味で。

まあ前作を読んでなければそれなりの面白さはあるのかも。

ストライク・ザ・ブラッド19 

ストライク・ザ・ブラッド19
終わらない夜の宴
三雲岳斗

何も変わらん。

なんというか変化を求めない読者とそれを忖度した作者の生ぬるい世界が今回も続いている。

それ自体はかまわないんだけどね。

19巻より後も敵がどんどん強くなってそれに立ち向かうべく味方が増えて強くなって、それで終わるというお話。

なんか書いてて悪印象持ちそうだから言っておくが、俺は別にこの作品嫌いではない。

それどころか全作買って読んでるぐらいだ。

ラノベだけにそういう枠組みを作ってしまったので、その中で作品を回しているだけなのだろう。

でももうそろそろ終わりが見えてきたかな?