美女と竹林

美女と竹林
森見登美彦

これは森見先生の相当熱心なファン以外は手にとってはいけない。

一言で言えばゴミ(笑)

要するに小説宝石の連載をまとめたものなのだが、内容は薄い(笑)

色々と作家生活の中で賞をもらったり対談をしたり、出来事が起こって、それを面白おかしく書いていくのだが、面白いには面白いが、あんまり人には勧めたくないし、自分としてもなんだか時間を無駄に使った気になる。

アマゾンの書評に「できない仕事は断ろう」とあって思わず笑ったが、まさにそういう本だ。

多分作家もこれを商品とするのに気まずいものがあると思うので、皆見かけてもそっとしておこう。

夜行

夜行
森見登美彦

不思議な話。

俺の中では恩田陸に近いと思ったが、恩田さんも作品によって違うので、あまり当てにはならないと思う。

ただ森見さんが恩田さんより決定的に読者に甘いのは、この不思議な話をほったらかしにしてしまわずに、何となく飲み込める話にしてしまうところだと思う。

これを甘いと捉えるか、読者に親切と捉えるかで随分作品の重さが変わってくる。

森見さんは読者に親切な作家で、そこも含めて人気なのだからまあ構わない。

ただもう少し読者を突き放した作品でも面白かったかな、とは思った。

各挿話がおどろおどろしいものばかりだったのでそう感じたのかも知れない。

全体的にどうもかみ合わない印象があった。

ホラーっぽいところが多かったり、最後はファンタジーっぽく閉めてみたり。

作品として実験的であまり高い評価はできないのかな。

太陽の塔

太陽の塔
森見登美彦

森見さんの処女作。

やはり最初の作品だけあっていろんなものが詰め込んである。

終わり方も森見さん印。

ただ余韻が残る。

ちょっとそこが他の本と違っているかな。

碆霊の如き祀るもの

碆霊の如き祀るもの
三津田信三

なんか今イチかな。

このシリーズ、俺は「首無の如き祟るもの」が大好きなんだけど、そのせいでハードル上げすぎってのはあると思う。

ただ今回なんか謎がさらっと解かれて後に残るのもなんかなあ、って出来だった。

どちらかというとホラー優先だったのかな。

ドラゴン桜2 4

ドラゴン桜2 4
三田紀房

ドラゴン桜2。

別に異論があるわけでもないが、しかしどうしても英会話の延長線上にあるのかなと思うね。

英文法は便利なもので、習得すればあっという間に英語なんかは理解出来る。

そりゃあもともと簡単だからな、英語って。

日本人が難しく思い込んでるだけで、英文法って凄く簡単だから。

ただぶつぶつ言うのはアリだな。

俺英語得意になったのって明らかに洋楽のおかげだが、朝から晩まで洋楽聞き倒してたからな。

勿論サビは歌う、一緒にぶつぶつと(笑)

おかげで随分助かった。

受験的な意味で。

まあ前作を読んでなければそれなりの面白さはあるのかも。

ストライク・ザ・ブラッド19 

ストライク・ザ・ブラッド19
終わらない夜の宴
三雲岳斗

何も変わらん。

なんというか変化を求めない読者とそれを忖度した作者の生ぬるい世界が今回も続いている。

それ自体はかまわないんだけどね。

19巻より後も敵がどんどん強くなってそれに立ち向かうべく味方が増えて強くなって、それで終わるというお話。

なんか書いてて悪印象持ちそうだから言っておくが、俺は別にこの作品嫌いではない。

それどころか全作買って読んでるぐらいだ。

ラノベだけにそういう枠組みを作ってしまったので、その中で作品を回しているだけなのだろう。

でももうそろそろ終わりが見えてきたかな?