風都探偵 (5)

風都探偵 (5)
佐藤まさき

風都探偵も5巻目。

どうにも漫画家さんのタッチが合ってないような気はするが、話は三条さんが書いてるから大丈夫なんだろう。

今回もハッピーエンドで終わるし、この話はどう締めるつもりなのかな。

やはりWらしく最後は正太郎は一人になって終わりなんだろうか。

とにかく次回はビギンズ・ナイトらしいので、その次の回が早く読みたい。

「彼方のアストラ」アニメ化!

「彼方のアストラ」がアニメ化するそうだ。

確かに今はいいチャンスかも知れないね。

あれだけ逆算してしっかり作り込んだジャンプ系漫画はそうそうないから、楽しみだ。

「彼方のアストラ」アニメ公式サイト

彼方のアストラ (5)

彼方のアストラ(5)
篠原健太

とりあえず終了。

いや、面白かった。

5巻単体では正直そんなでもなかったが、まあしょうが無い。

しかしこれを良く5巻で出せたな。

ジャンプでは確実に引き延ばし工作が入ってダメになりそうだが、そこはネットで連載と言うことでOKが出たんだろうか。

個人的にはもう少し書いて欲しかった部分もあるが、少年マンガでは仕方ない。

まあこれは今から読む人は全巻一気に買って読むべし。

彼方のアストラ (4)

彼方のアストラ (4)
篠原健太

なるほど。

だからアストラ号なんだな。

これは作者してやったりの展開。

もう書きたくて書きたくてうずうずしていただろう。

この4巻は名作だな。

いや参った。

子供たちの出自については薄々感じていたというか、まあ流行のものではあったけれど、いろいろな謎が一気に解かれて面白かった。

彼方のアストラ (3)

彼方のアストラ (3)
篠原健太

いやこうきたか、という感じの3巻。

ルカの秘密はまあともかくとして、なぜアストラ号が?っていうところで終わり。

アニメだったらエンディング曲が流れて「くっそ~いい引きだ」と唸るところ。

さて何がどうなってるのかは次の巻。

次の巻は起承転結の転に当たるので、かなり読み応えがありそう。

彼方のアストラ (1)

彼方のアストラ (1)
篠原健太

なんか評価が異常に高いので買ってみた。

一巻ではまだミステリっぽさは出てきていないね。

ラストあたりまではほんとに冒険ものだ。

これは2巻で話がどんっと変わるのかな?

とにかく全冊揃えたので、一日一冊だね。

鉄鼠の檻5

鉄鼠の檻
志水アキ
京極夏彦

まあ可もなく不可もなくといった印象。

もともと漫画とは相性が悪かったのかも知れない。

静謐な寺社の内部を漫画で描ききるというのは難しいかな。

映画の方が合っているかも。

別に志水さんが悪いわけではなく、どうしても漫画は絵が派手にならざるを得ないので、ちょっと雑な印象を受けてしまう。

映画と違って絵だけでは間が持たないんだろうな。

まだこの先書くみたいだけど、この先は誰が書いても面白くするのは難しいと思うけどなあ。

とりあえず期待はしておくけど。