『アリス・ミラー城』殺人事件

『アリス・ミラー城』殺人事件
北山猛邦

これは駄目だわ。

叙述トリックなのは何となく判ったし、その点はフェア・アンフェアは分かれるとしても、作者の「読者を驚かせよう」という意味で納得できる。

探偵もそれぞれ面白いキャラクターだった。

古加持がちょっと印象が弱いぐらいで、他はどれも良くできてた。

観月っていう探偵がなぜかメルカトル鮎を思い出させてちょっと困ったかな。

良くないのは、アリス・ミラー城なんて大仰なものを作ったんなら、動機はそれに相応しいものでないと一気に冷めるよね。

ここからネタバレ!

現実のエコロジストもいい加減気が狂ってる場合が多いことを考えての「動機」なのかも知れないけど、もうそれがいろんなところで浮きまくり。

とにかくアリスでお城で鏡で、ていうのどこ行ったの。

俺は推理小説読むとき、どんな風に騙してくれるのか楽しみにして読んでるんだけど、これじゃあお金は取れないよ。

と言うわけでクズ本でした。

俺が年取ったからなのかも知れないけど、30年前でも同じ感想持ったと思うな。

殺人鬼にまつわる備忘録

殺人鬼にまつわる備忘録
小林泰三

これはどうもミステリよりはSFなんだな。

それよりもホラーか。

なんだか前向性健忘症という障害を持っているのだが、それが上手く回っているのかどうかが気になってミステリ部分はあまりな感じだった。

殺人鬼も人殺しまくってる割にダラダラした感じでどうもなあ。

狙っている題材は凄くはまっているのに、もうちょっと料理の仕方があったんじゃないかと思うと残念だ。

あと、この人スターシステムみたいなことやろうと思ってるみたいなんだけど、止めた方が良いと思うな。

いくつか謎っぽいものが残るんだけど、それが明らかになるらしい他の本とか読む気にならんよ。

後この本『記憶の破断者』という題で単行本出ていたようなので、お間違えないよう。

おそらく題名が良くないので文庫化するとき変更したのだと思うが、それは正解かな。

でもまあ人に勧めることはないね。

綺譚の島

綺譚の島
小島正樹

う~ん。

ちょっとこれはなあ。

超有名作品と同じネタを同じような使い方するのは如何なものかな。

この作者何時ももうやめろって言うくらい細かいネタぶち込んでて、そのぶち込み方が大雑把なので誰も何も感じずに読んでっちゃうんだけど、これはねえ・・・

横溝正史っぽく書きたかったのかも知れないんだけど、作者の腕の違いかそれとも時代性のせいか全然そんな感じはなかった。

まあお勧めは出来ないな。

火曜新聞クラブ

火曜新聞クラブ
階 友彦

なんというかとっ散らかった印象。

殺人事件とは言え高校でのことなので、犯人もすぐわかるしトリックは物理トリック。

犯人はそんな人いたっけとなる人物。

作中の女の子が抱えていた悩みも高校生レベルのささやかなもの。

読みやすいのでするっと読んでしまうが、ちょっといろんなものが物足りない。

ほんとに箸休め的なミステリだった。

本来はライトノベルの作者じゃないの?