グラスバードは還らない

グラスバードは還らない
市川憂人

結構名作になり得た作品ではないか。

もう少しじっくり書けば結構良い物が出来ると思う。

実際グラスバードが云々は読み出すか読み出さないかのうちにわかったが、それは別に本題ではないんだろう。

アマゾンの書評に「ディーバーかよ」というのがあったが、あの刑事2人組ならアクション場面はもっと入れても良いと思う。

後はもう少しいろいろな細かな部分を詰めたら凄い作品を作る可能性を感じた。

今はまだゴツゴツした作品だが、お勧めしたい。