恋と禁忌の述語論理

恋と禁忌の述語論理
井上真偽

結構面白かった。

多分この人それなりに論理学やってるんだけど、書きたいものはラノベに近いのな。

「その可能性は考えた」の方も既に2冊読んでるんだけど、ミステリよりもむしろラノベなんだね。

何か急に納得いったな。

これもアラサーの叔母と大学入ったばかりの甥で話が進むんだけど、この二人の関係が最後まで微妙なのはラノベだからか。

論理学の方は全然大丈夫だった。

俺飛ばして読んだもん(笑)

と言うわけで叔母と甥の微妙な関係が許せる方にはお勧め。