なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか

なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか
石平

これは結構驚かされた。

大変な本かもしれない。

石平さんひょっとすると本当に魯迅みたいな人になっちゃうんじゃないか。

それぐらい、日本の思想史を研究し尽くした本だった。

勿論明治以降の内容については本の厚さもあり自身でもまだ納得いってない部分もありで、次の本を待たねばならないが、ここまででも十分凄い本だよ。

石平さんという中国を良く知る人が、何の因果か日本人になり、自分を引き寄せた日本が東アジアで唯一中華思想から自由でいられた特殊な国だったという、何十にも積み重ねられた奇跡に近い出会いがここに集積している。

石平さんは北京大学時代哲学をやってるので、おそらく哲学者としての気概もあったのだろう。

いずれにせよこの本は今のところ石平さんの本のなかで群を抜いた存在だ。

ちょっと堅いので誰でもという訳ではないが、表題に何か引っかかるものがあるという人にはお勧めだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください