美女と竹林

美女と竹林
森見登美彦

これは森見先生の相当熱心なファン以外は手にとってはいけない。

一言で言えばゴミ(笑)

要するに小説宝石の連載をまとめたものなのだが、内容は薄い(笑)

色々と作家生活の中で賞をもらったり対談をしたり、出来事が起こって、それを面白おかしく書いていくのだが、面白いには面白いが、あんまり人には勧めたくないし、自分としてもなんだか時間を無駄に使った気になる。

アマゾンの書評に「できない仕事は断ろう」とあって思わず笑ったが、まさにそういう本だ。

多分作家もこれを商品とするのに気まずいものがあると思うので、皆見かけてもそっとしておこう。