藪の中

藪の中
芥川龍之介

なんか久しぶりに読んだ。

「藪の中」は登場人物の違いで筋が微妙に違い、そこが面白いところなのだが、ミステリ好きはどこかに隠れた真相があるんじゃないかとちょっとむきになってしまう。

そういうことがいかんのだな。

そこを含めて作品の何たるかを見なければならん。

難しいな(笑)

でもさすがだと改めて思わされた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください