蒼き鋼のアルペジオ 17

蒼き鋼のアルペジオ 17
Ark Performance

もう17巻なのか。

連載ぼちぼち10周年で、フィギュアやらなにやら出すみたいだが、この漫画がどこに行き着くのかが判らない(笑)

いや絵は迫力あるし、女の子好きな人も綺麗に描けてて良いんだろうけど、出てきすぎだ(笑)

でもまあこれはこれでちゃんと需要と供給があるんだろうし、これで良いんだろうな。

なので話は進んでるのかどうかもよく判りません。

次巻では学園祭があるみたいですが、ここへ来て学園祭?

魔眼の匣の殺人

魔眼の匣の殺人
今村昌弘

想像以上の出来。

1作目は正直あれをああ使うのかという、ミステリ界ではあれな展開が話題を呼んだ作品だった。

あればっかりでなんだが、あれをばらしてしまうと前作『 屍人荘の殺人 』の一番の読みどころを駄目にしてしまうので勘弁して欲しい。

で、今回はあれは使えない。

これから先使われるかもしれないが、とりあえず今回は使われなかった。

つまり1作目をヒットさせた要素がまず抜かれているのだ。

しかしそんなことを感じさせない出来だった。

若干弱いと思われるのは予言が成就することに対する恐れが登場人物にもう少し描けていたら、犯人を指摘する時の「動機」の部分がもっとすっきり読めただろうと言うことだけだ。

さらに「八つ当たり」での逆転劇があって、次の作品への引きも書いてある。

前作もそうだったがサービス精神旺盛。

登場人物の名前も、前作ほどじゃないが分かり易く作ってある。

ヒットの後の第2作としては申し分ない。

そうなると楽しみになるのは次回作ということになる。

この作者要注目です。

あ、岡山大学卒らしいですが評価には関係ありません。

是非1作目を読んでから2作目読んでください。