太陽の塔

太陽の塔
森見登美彦

森見さんの処女作。

やはり最初の作品だけあっていろんなものが詰め込んである。

終わり方も森見さん印。

ただ余韻が残る。

ちょっとそこが他の本と違っているかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください