太陽の塔

太陽の塔
森見登美彦

森見さんの処女作。

やはり最初の作品だけあっていろんなものが詰め込んである。

終わり方も森見さん印。

ただ余韻が残る。

ちょっとそこが他の本と違っているかな。