彼方のアストラ (4)

彼方のアストラ (4)
篠原健太

なるほど。

だからアストラ号なんだな。

これは作者してやったりの展開。

もう書きたくて書きたくてうずうずしていただろう。

この4巻は名作だな。

いや参った。

子供たちの出自については薄々感じていたというか、まあ流行のものではあったけれど、いろいろな謎が一気に解かれて面白かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください